Society for Traffic Sciences

令和3年度 研究発表会プログラム (2021/11/25版)

PDF版

日時 2021年12月8日(火) 10時45分~16時20分(受付開始10:15)
会場 大阪市立大学文化交流センターホール 大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
・オンライン(zoom)
参加費 無料
CPD 土木学会認定CPDプログラム JSCE21-1215 4.0単位

10:45 開会挨拶

開会挨拶:交通科学研究会理事・会長 篠原 一光(大阪大学)

11:00 特別講演(司会:篠原一光(大阪大学))

事故調査の意義と制度設計
安部 誠治 氏 (関西大学社会安全学部)

12:00 休憩(60分)

13:00 一般会員の部ー1(座長:中井 宏(大阪大学))

(1)発生件数の変動を考慮した交通死亡事故多発警報の発令基準と発令状況に関する分析
〇小川 圭一(立命館大学)
(2)新交通管制システム(HI-TEX)の運用に伴う情報提供の充実化について
〇佐藤 大地(阪神高速道路株式会社)
北澤 俊彦(阪神高速道路株式会社)
河本 一郎(阪神高速道路株式会社)
向井 梨紗(阪神高速道路株式会社)
山口 樹(阪神高速道路株式会社)
(3)背景音が歩行者流動に及ぼす影響の分類
〇神戸 美里(立命館大学大学院)
塩見 康博(立命館大学)
(4)建設DXに向けた3次元道路台帳の研究
〇藤木 三智成(国際航業株式会社)
西山 哲(岡山大学大学院 )
西村 大助(国際航業株式会社)
和田 實((一社)近畿建設協会)

14:30 休憩(10分)

14:40 一般会員の部ー2(座長:山口 直範(大阪国際大学))

(5)観光客の旅行費用に基づく歴史都市の観光資源としての文化遺産の価値の計測
〇小川 圭一(立命館大学)
(6)ダークトライアドと車への装飾、悪意の認知が攻撃的な運転に与える影響
〇武田 悠(大阪大学)
中井 宏(大阪大学大学院)
(7)高速道路における規制速度引き上げ区間前後での走行速度の変化
〇矢野伸裕(科学警察研究所)
森健二(科学警察研究所)
横関俊也(自動車安全運転センター)
(8)向社会的運転行動の研究(1)-文献研究を中心として-
〇東 正訓(追手門学院大学)
(9)免許取得後の少ない運転頻度が知識・技能低下に及ぼす影響
〇中井 宏(大阪大学大学院)

16:10 閉会挨拶:交通科学研究会副会長 東 正訓(追手門学院大学)